蘇る遠い幼少の記憶。点だった感情が今と繋がる。

ぼーっとしたときに思い出す幼少の記憶や感覚。

小さい時にお母さんにハグされた記憶がない。

お母さんは私と手を繋ぐのを嫌がる(妹も弟もいて大変だから)

おばさんが遊びに連れてってくれて

車の中で私を膝にのせてくれた。

恥ずかしくってうれしくって仕方なかった。

 

ハグして欲しかったんだ、私。

いい子いい子して欲しかったんだ、私。

私は今も大好きな人とハグするのが大好き。

それでいいんだ。

本当にそれでいいんだ。

私はそうなんだ。そうだったんだよね。

隠さなくていい、変えなくていい、変わらなくていい。

img_1909最近よく泣くわあ。

もう仕事みたいに泣いてる笑

きっと進むべき道なのでしょう。