母の手仕事。よく似てる感覚重視の母娘。手を動かすのが好き、だけど気分次第。

母の手仕事。よく似てる感覚重視の母娘。手を動かすのが好き、だけど気分次第。

▲母のハーダンガー刺繍。うっとりするホワイトワーク。

▲ピアノカバー作成中。これは、すごすぎる。

▲母の愛おしい道具たち。

私のお母さんは手芸が好きだ。

裁縫、編み物、刺繍、パッチワーク、ビーズ小物、なんでもできる。

でもノッてるものしかしない。

例えば、春の2か月間はもうすぐ生まれる初孫のために

ベビー服を作ってがんがん仕上げていた。

その前の冬の何か月間は毛糸で靴下を編みまくっていた。

ドイツの専用毛糸を仕入れて編みまくっていた。

でもブームが去るとぱったりとやらない。

作りかけでもほったらかしで次のブームに乗る。

私も全く一緒で、押し入れには、レース編み、刺繍、編み物の途中のものがたくさんある汗

そして共通して庭も好き。

祖母もまた同じ。

私もセミナーで感覚の人、と言われ自分でも思った。

土の感覚、植物の感覚、料理するときの手の感覚とかが好きなのだ。

▲お習字でかなを書いているらしい。

習字は墨を磨る感覚、半紙の感覚、筆先に墨が染みる感覚、半紙の上を筆が行き交う感覚。

そういうのがきっといいのだろう。

▲家で練習は全くしないw

そこから深い話に。

「ゆっくりやる時間ないのよー」

「刺繍もあるしー。」

だよね。分かる。私も一緒だ。いっぱい時間あって好きな事できるのに

上手くできない。やっててもなんか心が急いている(せいている)。

好きな事やってるのに、心のどこかで何か焦ってる。

時間が過ぎてはいけない、ああどうしよう、みたいな。

これは解明する価値大いにありです。