美しく綺麗であることの抵抗感、その奥にある男性との関係性。

美しく綺麗であることの抵抗感、その奥にある男性との関係性

こないだ美しくあることの喜びを素直に受け入れられたことをブログに書いた。

↓その時の記事

http://azaherb.net/2017/06/20/post-1662/

それは私の中の大きな心のブレーキの入口だったみたい。

▲この写真をFacebookのプロフ写真にしたらみんなから良かったと言われうれしかった。

▲昨日の写真も褒めてくださる方がいてうれしかった。

けれど、なんか心の奥から黒ーいものが来ました。
綺麗になったら変な男が寄ってくる。
男が寄ってくることは、大切な男性を裏切ることになる。
幸せじゃなくなる。
だから綺麗になってはいけない。
着飾ってはいけない。
▲私です。
この私でいた方がいいんだ。
ものすごいマイナスに引き寄せられます。
何でやろう、私は誰の妻でもなく愛人でもなく彼女でもない
普通の女性なのに、、。
何故かどこかに独り身でいることの抵抗感からか
男性に頼りたい自分もいるのだ。
それを感じたときに
自分をすごく卑しい、醜いものに思える。

この記事を書いた人

あやみん

ハーバルセラピスト/アロマテラピーアドバイザー/介護福祉士/介護支援専門員/ブロガー/料理好き