ドイツ語教室。「Übergangsmann」驚愕の単語。

▲宿題はいつもぎりぎりです。

ドイツ語教室。驚愕の単語。

一昨年の10月から行き始めたドイツ語教室。

仕事がしんどくてしばらく休んでたが無職になったので再開。

しばらく使っていなかった脳を使っている。

ドイツ語を始めたのはドイツのハーブや植物療法を学びたくなったのがきっかけだ。

▲ドイツ在住の自然療法家の方の本です。

今まで何冊かハーブの本を読んだけど、ドイツのものがしっくりくる気がして。

この方はホームステイも受け入れていて

いつか行ってみたいなあと思っていた。

ドイツの植物療法を教えてくれるところを探すと

まさかの、当時の自宅から車で10分ほどのところにドイツ語&ドイツの植物療法の教室があった。

これは出会うべくして出会ったな、と思った。

で今に至る。

先日の講座の後、雑談しているときに

こんな言葉があるんですよ、と教えて頂いた。

「Übergangsmann」

 

übergang

の意味は①越えて行くこと、②越えて行くための場所、③移行。

なので「本当のパートナーに出会うための、越えるべき男」という意味になる。

先生「だからあの片思いの結果は分かってました!」

え?

まじ?

まじで?!

そうなん?!

て感じでひっくりかえりそうになった。

それは1人又は2人、らしい。

えええええええ

1人なん?2人なん?それってどうなーーーん??

うむむ。考えてもしかたない。

そういうことらしいっすわ。

▲で、マクド解禁したった訳w