RELATING[かかわり]OSHO禅タロットで友達とのかかわりを見た。

RELATINGで4枚引いた。このカードからの洞察が深かった。

今ここ自分【INNOCENCE】ー 無垢

子供の頃の無垢から、成長し学ぶにつれてその無垢は不信や疑念に置き換えられる。

しかし自分に深く向き合う今、生の無垢がやってくる。

その生の無垢には智慧の質、生の果てしなく変化する驚きを受け入れる質がある。

私の名前・アイデンティティなどあらゆるもの、

他人から与えられたあらゆるものを

すべてを手放したら

自分の存在と全く異なった質【無垢】を手に入れることができる。

無垢の復活、再び子供になる、生まれ変わる

 

相手、相手がそのかかわりに投入しているもの【INTEGRATION】ー 統合

相反するもの、二元性の交流

闇は光を抑えているものではなく

あるものが別のものへ果てしなく変化しながら

もっと深い核に相反するものの種子(素)を含みながら

統一された全体を創るためにいっしょに働いている。

力と威厳の鷲、純粋さ・感情の領域に優雅に浮いたり内に潜ったりする白鳥。

私たちは鷲と白鳥、男性と女性、火と水、生と死が統一されたもの。

神秘的統一のシンボルなんだ。

心の中の2つの陣営。その間にかかる小さな橋。

もしこの橋が強められたら、二つが一つになり結晶化する。

内側の男性と女性の出会い、陰と陽の出会い、左と右の出会い、合理と非合理の出会い、プラトンとアリストテレスの出会い。

混じりあったエネルギー【AWARENESS】ー 覚醒

現実をあるがままに認めることから遠ざけていたこのヴェール。

火がついて燃えはじめている。

ヴェールの奥から

デリケートで子供のようなブッダ。

心は決して賢明ではない。

賢明なのは無心〈ノーマインド〉

無心だけが本来であり革命的なものー行動における革命だ。

過去の記憶の重荷、将来の計画の重荷を負わされ最大限に生きてない、炎は微かなまま。

ひとたび私たちが思考を、過去に自分たちが集めた埃を落としはじめたら、炎が立ち昇る。

生全体のひとつの炎。

それが覚醒だ。

洞察【GUIDANCE】ー ガイダンス

内側からではなく外側からきっかけをつかむことに慣れてしまっている。

もっと深い実在の真理が、今どこに行けばいいのかを示そうとしている。

正しく理解できたかわからず躊躇してしまうこともある

それでもちゃんと示されている。

内なるガイドに従う

それとともに進んだら、この光線が私の必要なところへ正確につれて行ってくれる。

自分の中の内なるガイドを見つける。

何も見えない暗い部屋の中にちょっとの光を持ち込む。

それさえできれば、どこに扉があるかわかる。

あとは、見るだけ。

少しの思考もいらない。

ただドアを開けて出て行くだけ。