私が仕事を退職するのを決めた時のこと

たちさんと彩さんのTLI10期を受けて

「仕事は絶対やめない、定年まで働く」

と決めていた私が思ったよりあっさりと仕事を辞めた。

「私がしたいことはこれじゃない」

「これじゃなくても生きていける、だからもっとやりたいことをやりたい、やっていい」

納得して、許可が出た。肚に決まってからは早かった。

 

そのはじまりは

違和感、だった。

朝は、出勤時間に合わせて起きて、筋トレして、ご飯食べて、弁当入れて、ブログ書いて、、が日課だった。

ある日

「あれ?私もっと庭やったり、ハーブ仕事したいのになんであそこ(職場)行くんやろ」

と出てきた。

電車に乗って駅に着いたらいつもの通勤風景。会いたい人もいれば会いたくない人も。

「もうこの風景いや」

それから車で行くようになった。

お金がかかっても仕方がない、もう電車で行くのが嫌になったから。

職場では介護の仕事なのでユニフォーム。

「もうこれ、着たくない」

昼休みのなんでもない同僚やパートさんとの会話も、なんか違う。

で時々外や、車でご飯食べるようになった。

そして決定的だったのは

仕事で年間行事予定を作った時

自分がその行事をやっている姿が全く想像つかなかった。

「絶対、違う」

自分の直感がピーーーーンと働いた瞬間だった。

その翌々日くらいに、上司に伝えた。

今までの自分なら考えられない大事な時期である(今から思えばそんなに大事でもないわよね)4月2日か3日、新年度が始まってすぐのことだった。

自分が下した決断にしばらくぼーーーっとしてた。

来年の桜はどんな風に見てるかなーってぼんやり考えてた。