愛人オーラについて。信じ込みの手放し。

愛人オーラについて。信じ込みの手放し

 

愛人オーラ

があると自分でもなんとなく思っていたし

周りにも言われていた。

なぜかわからないけど

手放せなかった

手放したいのに

いつも私にあった。

 

やっと対峙することができた

そうやって愛を獲得しようとしていた

それがないと愛が獲得できない

受け取る資格がないと思い込んでいただけ

 

それがわかった。

誰が私のことどう見ようと

私の本質は私だけのも

 

愛人オーラがなくても平気

あっても平気

だから手放せた。

大阪から東京に向かう新幹線の中で思った。

津田の松原の空

なんでも自分のタイミングがあるもんです。

それを素直に受け取ること。

イエーーーーーーーーーーーイ!!!!!