「ザ・マネーゲーム」から脱出する方法を読んだ【読書感想】

「ザ・マネーゲーム」から脱出する方法を読んだ【読書感想】

今受けているTLIアドバンスの課題図書である「ザ・マネーゲーム」から脱出する方法を読みました。

お金のことは興味あったし、お金に対する考え方は変えたいと思っていました。

初めは分かりにくいかもしれないよ、という意見がありましたが

私にはなぜかスーーーっと入ってくる内容でした。

読んだ後とてもいい気持ちになりました。

お金に対する感情

お金に関しては悲しい過去もあります。

お金がなくて〇〇できなかった、とか友達がおこずかいいっぱい持ってて羨ましかったとか。

今の率直な感情を書いてみました。

・兄弟の中で自分は高い私学に行って悪い

・お金持ちになってはいけない、という思いを持っている

・お金は怖い

・お金は誘惑

・お金は守らなければならないもの

・積み上げていかなくてはいけないもの

・人からお金をもらうのは悪い。

てな具合で、罪悪感が多い。

診断は、奴隷タイプでした。

ルールを知ること

これから自分でビジネスをする私にとって大切なこと

お金、ビジネスのルールを知ることです。

このセクションを読むときに少し身構えましたが

読み進めると腑に落ちました。今までたちさんやあやさんが言ってたことが

書かれていました。

ただそれを、本気で思うか、です。

貯金を使い果たし、無理矢理そう思うしかなくなる前に(それって思えてないですね、たぶん)

私は今、本気で思うことにします。

 

ルールを読んでも怖いことはありませんでした。

客観視すること、幻想であること

自分にもできるかなと思いました。

脱出するための実践ワーク

自分のお金への考え、感情。

ビジネス・お金のルールを理解したら次は実践です。

私たちは過去の経験、データをもとに目の前のことを判断して反応してしまいます。

この本に書かれているワークは

一見、どこにでもありそうですが

ここやってみるの大事だなと思います。

実際に声に出して。

人に相談するのも、書物を読むことも素晴らしいですが

自分でこのワークをやることは

やりたいことを自分軸に持ってくる練習になり、そしてそれが実現するプロセスになるのではと思うのです。

呼吸するように

 

呼吸することに罪悪感を感じる人はいないと思います。

呼吸するようにお金が入ってくる。

自分が好きなことにお金を使い

私はは得たお金でミッションを生きる。一生懸命生きる。

私、「楽」(ラク)して生きたいわけじゃない、本当の自分を生きたいと思っています。

それが苦行なんかじゃない。

毎日楽しい。

生きてる感がある。

そうなりたいです。

だから本気で思うことにします。

エピローグの本田健さんのあたたかいメッセージも良かったです。

▼来週もグリーン車に乗るぜ!!!

足置き

イエーーーーーーーーーーイ!!!