裏切りの解明と自分への大きな許し TLIアドバンス第2講

裏切りの解明と自分への大きな許し TLIアドバンス第2講

 

TLIアドバンス1期を受けています。

第2講目を受けに東京へ行ってきました。

第1講に続き、ビリーフワークをしました。

ビリーフワークはベーシックでもやりましたが、

さらに深くというよりは、鮮明にはっきりとこれはビリーフ(信じ込み)だな

と理解することができ、内観の中でさらに客観視できたと思います。

2日目はシャドーの話、ここが私には超深かったです。

要は自分の嫌なところを他人に投影して見ている、そのようにキャッチしている

というもの。

そして投影の三角形。

「自分が人にされること」は「自分が人にしていること」

さらにそれは

「自分が自分にしていること」

これは順番につながって回っています。

このループにはまっている自分がいることに気づきます。

セミナーなのでそれ以上の探求、リセットは行いませんが

少人数でのシェアの時間、お昼休憩にたちさん、あやさんとの会話

を通してだいぶ腑に落ちる部分がありました。

いや、だいぶ前提的なところが変わった。

私を覆っていたベールがとれた、開いたような感覚なのです。

 

私は

「人に裏切られる」って思っていました。

これは過去に経験から私の中にかなり濃く強くインストールされた信じ込みです。

だって裏切られたから!(って思っちゃってるだけなんですよね)

 

特に自分が信頼したいと思っている人には自動的に思います、

「いつかこの人は私を裏切る」って。

だから裏切られても大丈夫なように、自分を強く持たなきゃ

とか深入りしちゃダメと思っていました。

気づかないうちにそうなっていたのです。

 

でも、自分も「人を裏切っている」・・・

これはそのままの解釈ではないのですが

私は人に裏切られるのを怖れているので

「人を裏切っちゃいけない」ってめっちゃ強く思っています。

「義理を通す、果たす」「不義理は許せない」

ってめちゃ強く思っています。

だから自分が人を裏切らないように裏切らないように

相手が求めもいないのに、状況報告したがったり

相手に伝えられないと、ものすごく不安になったりしました。

時々我を忘れたかのように、それに執着してしまうことがありました。

「なんでそんなに他人を気にすんの?気にしすぎだよ」

って言われていたのです、友人に。

それってこれなんだなーって思います。

 

さらにそしてそれは

「自分が自分を裏切っている」

 

これは腑に落ちるのにちょっと時間を要しました。

自分は自分のことをどう扱ってたかな・・?

自分のやりたいこと、せずに自分のこと裏切っちゃってない?

本当にやりたいことが見えてもわざと第1目標を叶えずにいる自分

そして過去も

過ちを犯しているってわかっているのに

自分で自分を救ってあげられなかった。

どんどん不幸になる自分に何もしてあげられなかった。

私自身に対する罪、を感じました。

 

ひどかったなー私、

助けてもらえなかった自分は可哀想だったなあ。

裏切りという結果を受け取るしかできなかった自分って

まじで可哀想だったなあ。

 

あーあーそりゃがっかりする訳だよ、

自分が自分を裏切ってるもん

がっかりな結果が生まれるわけよね。

 

罪な自分、

可哀想な自分、

しっかり感じました。

 

あるわーって感じました

すぐになくならなくてもいい。

あってもいい。

どっちでもいい。どうでもいい。

 

 

裏切りの反対は、信用、信義。

信義とは約束を守り務めを果たすこと

今の私は自分を守る、というよりこっちの方がしっくりきます。

自分を本気で信じて、自分との約束を守って務めを果たそう。

そう思いました。

やってみてまた違うと思ったらまたその時に立ち止まって

感じてみればいい。

それぐらいのスタンスでやりたいと思います。

だって決めつけると、また本当の自分を裏切ってまでやっちゃいそうだから。

さらにいうと

裏切ってもいいよ、私は裏切り者ですw

そんな自分にもオッケー出して進みたいと思います。

完璧なんて無理よー。無理無理。

何を「裏切り」「義理を果たす」の二極で引っ張りあってんでしょね。

 

って感じたらちょっと心にスペースができた気がします。

 

でも今日は自分の大きな罪(罪悪感)を光にさらして

「あること」を認めました。

はい、疲れました。

グリーン車でお弁当

自分にご褒美もしました。

さーて、地球を癒すために頑張るのだーーーーー!!!

イエーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!