クォンタムタッチヒーリングを受けて宇宙とつながった。

クォンタムタッチヒーリングを受けて宇宙とつながった。

 

昨日は大阪城の近くのサロンで

クォンタムタッチヒーリングというものを受けてきました。

クォンタムタッチヒーリングとは

体に手を当てて特定の呼吸法と簡単な身体瞑想エクササイズを組み合わせ、

自然でありながらも強力なエネルギーヒーリングの「場」を造り出す

ハンズオンヒーリングです。

クォンタムタッチの日本語公式サイト

大阪ホリスティックケアルームつむぎの森フェイスブックページ

大阪つむぎの森HP

今年の夏に初めて「レイキ」というヒーリングを受けてからエネルギーワークに興味がありました。

いろいろ探していてつむぎの森を見つけました。

思い切って申し込みメールをしたら

受けられるのは3ヶ月後。

それが昨日でした。

はじめにお茶を飲みながらお話をして

足浴してもらって

楽な格好になってからベッドに上がります。

うつ伏せになっていると足の方から

優しくタッチされてエネルギーが流れていきます。

ものの5分もかからないうちに爆睡。

いや、昏睡?

深い深い眠りでした。

施述の最後の方は意識があり

なぜか右腕がすごく痺れていました。

60分の施述後、

温かいおしぼりで首に当ててもらったりして

ゆっくりと起き上がりました。

 

着替えてお茶をいただきながら

二人でフィードバックの時間。

私は夢見たりしなかったんだけど

ヒーラーの林さんは私の中に見えたものは

「真っ青な空の下に佇む砂のお城」

「砂州のように海岸線から少し離れたところにある」

「空には白い鳥」。

今まで頑張って築いてきたもの(と思っていたもの)は

砂でできたもので

これからそれがパタパタとまるでCG効果で変わるかのように

(今までは嘘だと思ってたけど、ちゃんと奥にはあるよーみたいな)

真の何か、本物の何かが築かれるのかもしれないねー

という話をしました。

 

そのあとの頭の中、身体の緩み具合がハンパなくて

帰り道も良くわかんなくて、ずっとぼんやり。

宇宙に行っちゃったんかなーと思った。

しばらく一週間くらいはこんな感じが続くみたい。

その間に、感情が出てきたり、

前世が出てきたりする場合もあるそう。

 

今は、ぼんやりしてるんだけど、

焦ってなくて

そうそう、不安だった細胞一個一個が穏やかに落ち着いて

身体の細胞同士が仲良く動いてくれてる感じがする。

次もまた3ヶ月待ちで直近は4月。予約して帰ってきました。

 

フィードバックの後の林さんとの会話の中で

ホリスティックの話などをしたら、前から繋がりたくて、タイミングがこなかった

人たちの名前や場所が次々と出てきて

あーーー

私、ちゃんとここにきたんだ、、、、。

と思った。

新たなステージが見えました。

ちゃんとタイミングよく来るもんですね・・・。

タロット

こんなん引いたーーーーー!!!

イエーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!!