Toggle

日記

愛の次元上昇をしたい、する。

愛の次元上昇をしたい、する。

今まで散々やってきたがっかり劇場。

原因の一つが

「愛の解釈の仕方」

私にとっては

〇〇してあげることが愛、

〇〇してあげないことは愛の欠乏=自分は愛されない

に陥っていました。

〇〇してあげるのが愛

 

してあげるのが愛だと思ってた

何でもしてあげたい。

これは正しいと思っていた。

正しいと疑わなかった。

してあげているは自分は他者より上位にいる感覚を味わっていた

そうしなければいけないような感覚。

人にバカにされてはいけない。してあげているのがゼロ。

でも

見返りがないと、

見返り的な物や言葉がないと腹を立ててる自分。

疲弊している自分。

いつまでたっても幸せになれない

幸せになれないどころか苦しくなっていく。

 

キャパオーバーになっても整理できない

 

人に〇〇してあげて当然であり、してあげることこそ人間として高等である。

すぐれているって思ってた。

今までの愛と新しい本当の愛がごっちゃになった時、

捨てられない(やらないことを選択できない)、整理できない。

捨てることに大きな罪悪感を覚えている

捨てるのが怖い、というより捨てられない

陥る感覚は、

「できない私はダメ」

「みんなやってるのに私だけできない」

「なんで私だけできないの」

「やっぱり幸せになれないんだ」

「もっと頑張らなきゃ幸せになれない」

「冷たい人はダメ」「優しくしないとダメ」「面倒見なきゃダメ」・・・

永遠に出てきそうな

恐ろしい自動思考です。

誰も望んでない

 

誰も私がしんどい思いをして

何かをやって欲しいなんて

思ってない。

やらないことを選択する

 

やらない事を選択する

そこで自動的に出てくる罪悪感を手放す

それは思考のトリックだと気づく

気づいてやらない選択肢を選ぶ

自分で選ぶ

 

私自身が大きな愛であることに気づき。

緩やかに生きていきたいなあ。

まずは、「〇〇してあげなきゃ!」を

「やらない」

を選択する修行です。コツコツと。

 

奏くん

凛ちゃん

早く双子に会いたいぜ!!!

双子にはがっつりやっちゃいそうだぜ!!!

イエーーーーーーーーーーーーーイ!!!!

 

 

 

 

URL
TBURL
Return Top