心の赴くままに生きる

昨日は以前の自分を思い出して

ブログを書いたら

自分の中からじわじわ言葉が湧き出てきて

思ってたことを書けてスッキリしました。

たくさんの人にコメントをもらって嬉しかったです。

人生の目的がなかった時は何もできなかった、何をやっても上手くいかなかった

この記事を書き終えてから

急に思い立って、荷物を用意して

長野県に向かって車を走らせていました。

 

心の赴くまま生きる

風邪をひいた恋人。

ここ数日の電話も元気がなく

何か食べた?と聞いても

バナナ、とかトマトとか。

私には

「大丈夫だよ、自分の仕事してて」という彼。

でも私の中にはなーーーんかちょっぴり「違和感」が

あって。

昨日の朝、ブログ書いた後に

自分のハートに問うて見た。

「いまーここの自分のしたいことは何?」

「私のピカピカハートが喜ぶことは何?」

と。そしたらすぐに

「今日は家で作業するんじゃない、もっと大事な大切なことがあるやん!」

って思いっきり気づいて

それと同時に

ペットボトルの水1ケース、冷えピタ、冷蔵庫の中の使える食材、ハーブティー、マクロビのお塩、

自分の着替えなど、猛スピードで用意して

車に積んでた。

積んだ後に一応彼にメッセ。

あやみ「今から(そっちに)行くから」

恋人「いやいやいや。来なくていいから」

彼がそう返答した時には運転席に座ってエンジンかけてた

 

あやみ「もう出てもた」

・・・中略

恋人「あかん、涙出てくる」

と、こんな感じでした。

彼は私がハートに従って行動することに絶対否定しない

って

分かってたからできた。

心の赴くままでいい、

やりたいようにやっていい。

駒ケ岳SA

 

自分の中では

迷惑なら帰ってくればいい。

病院だけ付き添って

その後夜に引き返してもいいし、どっか宿に泊まってもいいし

って、「できる理由」しか思考が出して来ない状態。

これってすごく行動起こせるいいパターン。

自分を信頼してるっていうか

失敗しても自分の価値は変わらないって

肚で思えてるんだよなあって。

彼に信頼してもらってるとは分かってるけど

最終的にはやっぱ

「自分」

自分の心と身体が一体になっている時

それは最強なのです、無敵なのです。

駒ケ岳SA

 

心の赴くまま・・

それは最強の楽観。

楽観の無敵。

だと思うんです。

だって今、彼の寝顔をみて、

すごーく幸せだから。

1ミリの後悔もなし。

晩御飯

ご飯作ったーーー!!!

イエーーーーーーーーーーーーイ!!!