頑張りたいけど頑張れない、もどかしい感じの時。違和感というチャンス。

私の体験。

「もう頑張れない、この人生、もういいです。」

こんな感じまで落ちてしまった私でした。

選択するのは

「頑張らない」

しかありませんでした。

とにかく落ち着くこと。

怒りや失望や不安でいっぱいいっぱいだった私ができたのは、

ただ実家のソファで、お母さんの目の届くところで横たわることだけでした。

ほんま、息してるだけの日々でした。

でしばらく「頑張らない」をやりました。

だいぶ長い間「頑張らない」をやりました。

逆に「頑張ったらあかん」というスローガンで動いていました。

 

でも癒しが進むとスイッチが変わる時がきます。

「本当は頑張りたい」「このいのちの花をやっぱ咲かせたいよ」という声が

内から出て来たら

なんだかエンジンが変わるんです。

 

そしたら

「頑張って」いいのです。

自分のオッケーが出る。

 

思う存分頑張っていい、と私は思う。

疲れたらまた休んだらいい。

 

「頑張らない」

に違和感が来たら、チャンスです。

 

潜在意識のベクトルはやりたいことやっていいに向いているのかもしれません。

 

そしたら

 

思いっきり頑張ってみよーぜーーーー\(^o^)/!!!

 

(あ、その前にちゃんと癒してね。)

(頑張らない時期にやったこともまた書きます。)

京都の花

急にふとなんでも楽に見えたり、いい解釈来るようになるから!!

イエーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!

 

 

↓夏の思い出にあやみんハウスへ。イベントやります。遊びに来てくださいまし〜