運命の人に出会うには?パートナーシップと恋愛。

おはようございます。あやみんです。

いろいろあって、昨年恋人ができて深い時間を過ごしています。

最近ちょくちょく、「運命の人に出会えるでしょうか?」て聞かれることがあります。

「きっと出会えますよ」と答えています。自分がそうだったから。その過程を書きたいと思います。

自分を見る。ビリーフの存在

私の場合は婚約破棄があって、自分の人生を変えるためにセミナーに通い始めました。

私の思考に出てきたのは、

「結婚していない自分はダメな自分」

でした。

これ、ビリーフ(思考が作り出す思い込み)です。でもねこれを排除するんじゃなくて、師匠の大塚あやこさんはそこにある感情を丁寧に見てくれました。

これ実は、たとえ結婚したとしても次は

「子供のいない自分はダメな自分」

「子供を産まないとバカにされる」

などと、お題を変えて持ち続ける可能性があると言うのです。

これは確かセッションではなく、ワークの中でやったと思います。

え?!まじか・・・と思いました。

自分を理解する、認める。

講師の大塚あやこさん(以下:あやさん)からは愛ある言葉をもらいました。

「まずは自分のことをやってごらん、そしたら目の前にちゃんとあやみんを助けてくれる人が現れるからね」と。

その時は「あやさん、自分が幸せだから、軽く言うよなあ」って心の中で思って反抗してました。

「自分をとことん見る」と言うことへの怖さからの抵抗であったと思います。

4ヵ月の学びが終わって、私は仕事をやめて自分の人生を歩き始めました。

しんどい嫌なことを我慢してお給料を得る生活から、好きなことをやる生活にシフトしました。

好きな場所に行って、好きなお友達に会って心から楽しい時間を過ごしました。

そしたら自然に「私彼氏欲しいわ」って思いました。

心の中からちゃんと「欲しい」が芽生えて、私は「彼氏を、恋人を求めていいんだ」という腹の感覚がありました。

それは「早く誰でもいいからテキトーな人と結婚しないと、もう40歳になっちゃうし人にバカにされる」

というマインドの前提とは全く違いました。実際、結婚相談所のサイトもいくつも見てました。問い合わせの電話もしたことがあります。

口では「もう男は散々、男はしばらくええわ」とか言いながら

本当はめっちゃ愛されたい自分。

「愛されてもいい」

「愛したいって思っていい」その感覚が生まれてからすごく楽になりました。

自分のことを「アラフォー負け組」と呼ぶのをやめました。

私なりに要点をまとめると

自分はどうしたいのか、見つめる。

私は彼が欲しい、彼女が欲しい、愛されたいなど。

言ってみて嫌な感覚あるいは違和感がある場合は、そこを癒すことが前提です。

私は愛されるはずがない、と言う考えが浮かんでくる場合などは自己否定のビリーフがあると思うのでカウンセリングに行って癒した方がいいと思います。

自分がしたいことを誰かに話す、発信する。

私の場合はブログで彼氏募集しました。

前は私彼氏欲しいんですよね、なんて言えなくて「もう男なんてええわ」って真逆のことを言ってました。

彼氏欲しくないと言う人に、誰も紹介なんかしませんね。

彼氏欲しくないと言う人に、独身男性は寄ってきませんね。

私の経験上、「男なんかもうええわ〜(ホントは私はめっちゃいい女なんだけどね)」なんて言ってると思ってると、愛人オーラに繋がるから超要注意ですよ。

歪んだマインドには歪んだ愛が引き寄せられます。それがお好みならそれでいいと思います。

実際に行動に移す。

出会いの場に行くなど。いろんなお友達に会うなど。

フリーの期間だからできることもあります。男友達と恋愛トークしたり、女友達とぶっちゃけトークするのもめっちゃ楽しいですよね。

腹で決めていればこの行動はそんなにしんどくないのだと思います。

自己肯定できていればいいって話なんですがそれが簡単でないこともよーーーくわかります。私も探求中なのですから。

実は、お金も

このパートナーシップのエネルギーセンターは第2チャクラです。(下っ腹、丹田)このチャクラはパートナーシップ、人間関係、お金と関係が深いチャクラなのです。

だから癒しが進むと、お金も入ってくるんだと思うのです。

お金・仕事に関しては第3チャクラもとてもとても絡むのでまた書きたいと思います。

お金が今より儲かったら俯瞰して書けるかなw

ばら

前の彼氏も運命の人だと思って一生懸命愛してたんだもん。それはそれで幸せだったのかもしれない。

未来なんてわからずに、もがいてたんですよね。

でももう過去は過去に置いてくる事にしました。勇気いりますけどね。

この記事を書いた人

あやみん

ハーバルセラピスト/アロマテラピーアドバイザー/介護福祉士/介護支援専門員/ブロガー/料理好き