アロマテラピーインストラクターの講習を受けた。これから資格どうするか。

おはようございます。

ハーバルセラピストの山本あやみです。

先日、アロマテラピーアドバイザーと言う資格の講習を受けに行きました。

北浜

アロマ検定1級のその次の段階の資格です。

アロマセラピストまでは取得するつもりはないのですがアドバイザーを持っていると、昨年講習を受けたアロマブレンドデザイナーアロマハンドケアセラピストが認定されるので、3時間の講習を受けに行ってきました。

簡単に説明すると

アロマ検定2級

アロマ検定1級

アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーインストラクター

アロマセラピスト

さらに上を目指す人は「英国IFA認定アロマセラピスト」を取得しています。

なので「IFAを持っている」というとかなり本格的に勉強した信頼できるセラピストと言えるのではないでしょうか。

ここでいう「信頼」とはご自身の勉強については深くされたということで、セラピストとして信頼できるかどうかは関係しません。

て感じです。

ここに書いたのは全て公益法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の資格です。日本でアロマテラピーと言えば一番大きな団体ではないでしょうか。

でもね、

でもね、

でもね、、、

実は、アロマセラピストを取得していなくてもサロンは開いていいんだってーーーーーー

えええ?

何それ?

まじですか?

そんなんでいいんですか?

今までもそうだったんですか?

 

いかに自分の情報の取り方が簡単すぎたのか・・・

本質をみていなかったのか・・・・・

チーン( ̄^ ̄)

 

アロマセラピーを網羅する法律はないのです。それがいいのか悪いのかは置いといて。

だからアロマセラピーサロン、は開業できるみたいです、誰でも。

 

サロン開業上の資格要件はありません

「公益社団法人日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」より

 

そりゃ、アロマセラピスト、IFA英国式アロマセラピストを持っている人はそれなりの(アロマセラピストの場合は138時間の講習)学習、実習を経験していますから信頼度は高いと思います。

 

なので私も「アロマハンドケア」をやりたい!やれるやん!!

と思ったわけです。

ちゃんと調べなあきませんなあ。

 

それからAEAJを否定するわけもありません。アロマテラピーの安全は発展のための素晴らしい団体だと思います。私ももちろん会員になりました。

アドバイザーの講習では関連する法律についてのお話も事例を交えてたくさんありました。これホント助かりました。

医薬品医療機器等法、PL法、消防法、不当景品類及び表示防止法などなど。

それに、協会に所属していると自動的に「アロマテラピー賠償責任保証制度」に加入されます。会費から入ってるんでしょうね。これは心強いです。

 

早く自宅サロンもやりたいなあ、って夢がムクムク広がっています。

勉強