「コッコさんのおみせ」by 片山健さん【読書感想】

「コッコさんのおみせ」by 片山健さん【読書感想】

 

コッコさんはせっせとお店を開きますが誰も来ません。

 

お父さんもお母さんもお兄ちゃんも自分のことをしています。

 

そしてコッコさんは行動を起こします。

 

懐かしいままごとを思い出す、ほっこりする本。

 

絵が素晴らしく癒される。

 

お茶を飲みながら絵本をみるとゆっくりできる。

この記事を書いた人

あやみん

ハーバルセラピスト/アロマテラピーアドバイザー/介護福祉士/介護支援専門員/ブロガー/料理好き