もう、我慢しない。「自分らしく」生きる練習by心屋仁之助【読書感想】

おはようございます。

ハーバルセラピストの山本あやみです。

心屋仁之助さんの本が最近になって心に刺さる内容も多くて、図書館で何冊か借りて読みました。

その中の一番、私の心が震えた本です。

もう、我慢しない。「自分らしく」生きる練習by心屋仁之助【読書感想】

開いて1ページ目の心屋さんの筆書きの言葉にまずズドーンでした。

心屋仁之助

すごいっしょ。

ねー。

やってたよねー。

我慢してたよねー。

しんどいって言えなかったよねー。

もう嫌だーって言えなかったよねー。

マイナスにいくらプラスをかけても、マイナス

自分のことをどう思ってるか。

自分はできないやつ。

成功しない人間だ。

とか「マイナスの評価」をしていること多いですよね。

「前提」とか言ったり、

心屋さんは「セルフイメージ/自己評価」という言葉で表しています。

−4 × +2 = −8

−4 × +10 = −40

マイナスに、プラスに見える努力を10掛けても、マイナスがよりでかくなるのです。

つまり、マイナスのマインドを持って、それをカバーしようと努力するほどに、結果としてマイナスがでかくなるのです。

なんとまあ、、。

で、プラスにするのはマイナスを掛けますよね。

それが心屋さんの言う「頑張らない」「他力を頼っていい」「ダメな自分でいい」「もっとダメダメでもええんじゃー」とか言うところ。

以前の私の解釈はここら辺まででした。

この著書には続きが満載です。

マイナスを掛け続けるとプラスになる。

最初の−4だと思っていたのが実は+4だったかも、と気づくのです。

すると+4に、今まで通り−10を掛けていると、出てくる結果は−40になってしまう。

その時に初めて、そう、自然に−10がラクに+10に変えられるようになる。そう、「楽しみながらの+10」になるのです。

 

そしてあり方の「+4」が上がっていくと、+10の努力しなくてもどんどん結果が出てくると。

これ、テキストじゃなかなか理解しにくいと思うんですが、

この本を読んで数日して私自身の中に変化があったんです。

その時の記事がこれです。

ふと、

「あれ?自分てば本当は頑張りたいんじゃない?」って気づいたんです。

以前のように

「頑張っても上手くいかない前提」

を持ってたら、しんどい結果になってたと思うんだけど、

上手く行っても行かなくても私は今これをやりたいんだ。

やりたくてやりたくて、脱サラして、セミナー通って、

やれる「今」

にいるのに

なに腐っとんじゃー!ってなって。

心入れ替えw(嘘です。普通です。)

ハーブティーをコツコツ作っています。ゼロじゃなく、ぼちぼち売れてます。奇跡!

 

週末は東京で試飲会&即売会やります。

参加のポチしてくれているのが現在お一人で(ありがとねー)ドキドキしてますがー。

 

なんかイベントやる時にいっつも思うのです、

「参加者ゼロでもいいや!エイ!」って気持ちです。

や、そりゃあ東京だと新幹線乗って行くし、いっぱい来てくれていっぱい売れたら嬉しいですよ。

けど

今、思うのが

その安心を先に買うことはできないのです。

その不安に囚われてたら、何にもできなくなるんです。体験済み。

 

即売会やりたいからやったー!

お客さん少なかったー!わははー!以上!

さ、大阪帰ろ!新幹線で寝よう!

 

でええんちゃいますかね。

その次のことはその時に考えよう。

 

今の発信を止める理由は無いんだよね。

 

来てねー

ご機嫌さんで待ってるーw

 

 

 

 

 

山本あやみからのお知らせ

春にぴったり!デトックスのハーブティーを発売中です。

春に向けて冬に溜まった老廃物を断捨離しましょ。ダンディライオンはデトックスに作用し味わい深くて美味しいハーブティーです。美しく春を迎えたい人にオススメです

2袋セットはお得価格です。まずは1ヶ月続けてみるのもオススメです。春に向けてゆる〜くデトックス♬

LINE@やってます!

新製品やイベントの情報などをいち早くゲットできます。良かったら登録してください

友だち追加